医療機器業界の転職ノウハウ

1.医療機器転職 活動の作戦を立てる 

転職活動に入る時に 希望・抱負・心構えをしっかりと持つ

自身の経験・技能を再評価する

まずはスタートが重要、では転職でのスタートとは?

「良い機会があれば転職しよう」と希望しているかたは多い。転職スタートするにはここから一歩先に進むことが必要。ではその一歩とは:

転職の目的を明確に 転職で何を目指すか?

転職の希望と裏腹なのは現状の不満・将来の不安です。ではその不満不安の解消とし安心して安定ある仕事と企業を目指すことになる、その安心・安定をどのようにして獲得するかが転職作戦となります。

1 自分自身の経験・技能の再評価

この段階で「作戦」がはじまります。戦術を立ててください。では「経験の再評価」での戦術とは?

経験の中での本流部分。たとえば営業の方では営業活動の経験、一旦本流以外の経験忘れても良いです。その中でも自身が他の方(同僚や先輩、あるいは競合する他社)から一目置かれている仕事ぶりーを思い起こしてください。
たとえば

■ 開拓の進め方・計画性 作戦作り  実績  
■ 新規プログラム(新製品、新規地域)での貢献  
■ 欠品不良品などで迅速対応、お客さんに迷惑をかけなかった

など。

これらの結果としてのアワード(社長賞・本部長賞など)、給与ボーナス評価、昇進などがあればそれも忘れずに。こうした活動は転職の際の自己アピールになります。しっかりと書類(履歴書・職務経歴書など)に書き込みましょう。

2 新しい仕事への希望・抱負

転職の希望・期待を気持ちの上でまとめてください。待遇のアップ、残業など仕事環境の改善、組織・評価・社風などでの人間関係改善、キャリア向上、勤務地を変えるーとこちらも各人各様です。
最初にあった仕事環境の不満・将来の不安を解消するための転職であれば、希望する仕事の形態・社風などはどのようなものかを心することも必要です。

その上で希望する仕事内容・業種・職種をまず思い浮かべてください。いくつかの候補企業をあげることができれば良い。取扱の製品。さらに現在の仕事内容との差、チャレンジングな部分、当然入社してからの研鑽・努力がどのくらいかを予測。

3 メディカルキャリア転職相談とは

上記1-2を面談しながら(地方の方は電話で)、聞き取りまとめていきます。履歴書・職務経歴書を整備するのに必要な情報です。

履歴書・職務経歴書は転職を成功にみっちびくに最重要な書類です。ここに自己の成績・業績・評価などが効果的に書き込まれないと、転職成功はおぼつかない。相談しながら、最良の履歴書・職務経歴書を作成・整備するのがメディカルキャリアの転職相談です。

転職相談のプセスを紹介しています。プロの転職コンサルタントがあなたの転職活動をトータルサポート

[ 目次 ] [ 次へ ]