医療機器業界の転職ノウハウ

4.職種別転職作戦1(医療資格者)

1 全般解説

病院勤務の方・医療資格を有する方が医療機器メーカーへ転職する動きが盛んです。メディ カルキャリアにはこれまで多数の方から相談登録がありました。多くのかたと転職相談いたしました。専門の知識・臨床の現場での経験などいずれも頼もし い方と相談することができました。
相談の後、転職活動開始、紹介企業の選定も進んで、紹介面接に行くのですが、ここから先に明暗が分かれます。希望通りにメーカーのアプリケーションを獲得 する方もいれば、残念ながらNGというケースもあります。採用決定のケースを基準に、NGの反省をふまえて以下コ・メディカルの転職を解説します。

2 募集の背景・需要

高度化する医療機器、営業サービスだけでは正しく顧客(病院・ドクター)に性能などを伝 えられません。そこで実際に使用・管理しているコ・メディカルの資格者に説明・使用トレーニング・デモンストレーションなどで製品の紹介をする。そのほか サービス、カスタマーセンターも同じく機械使用の専門家としての立場から。また薬事申請、品質保証の仕事にも求人があります。以上がコ・メディカル求人の 内容。

募集職種は アプリケーション、カスタマー(フィールド)サービス、マーケティング、営業技術、薬事申請・臨床開発、品質保証

アプリケーション

製品検収でも資格者は有用です。検収(=受け入れ検査)には構成・付属品のチェックをする経理検収があるがこれはは営業の仕事。大型装置は経理の研修の後に、テストランして性能など技術面を確認する、いわゆる技術研修。こちらのほうが重要。

1 装置の基本性能のチェック(いわばカタログデータが出ているか)
2 限界性能の確認・負荷を最大にかけてのテスト
3 その施設で使用するための最適化(カスタマイズ)、時には部分改良もある
4 実際の臨床で操作性と信頼の検証

などが挙げられます。病院という医療最前線での高額機械の受け入れ、なかなか大変です。メーカーとしてこの検収に立ち会いできるのは医療資格を持ち・病院勤務経験ある方でないと無理。

カスタマーサービス

カスタマーサービス職の仕事はは広範になりますが、資格を有する方への期待は、電話問い合わせへの操作指導・トラブル対応が中心になります。装置が使用されてのちの保守。フィールドサービスの仕事内容は トラブル(故障)解決・対応、定期点検などの保守メンテナンス

マーケティング、営業技術

マーケティング営業技術は前のアプリケーション職との比較ではよりプリセールス(製品の販売前)活動が強い。購入を検討する顧客先に出向き性能・臨床上の利点など高度な説明を担当する。

営業サポート的であるが、本来のマーケティング(製品の仕様・構成の企画など)にも発展できます。

職種 資格 仕事内容
アプリケーション 診療放射線技師
(画像診断装置)
臨床検査技師
(X線を使わない 検査機器、超音波装置、MRI)
装置の操作実地指導。
デモンストレーションは製品の販売前に外観・機能・使い方などを説明する仕事。検収の立ち会いでは「技術研修」を担当する トレーニング
カスタマー
フィールドサービス
診療放射線技師
臨床検査技師
(体外診断機器など)
臨床工学技士
(呼吸器麻酔機、人口心肺など)
コールセンターで顧客からの問い合わせ、トラブル対応
使用する現地に出張してトラブルシューティング、メンテナンスなど
マーケティング
営業技術
診療放射線技師
検査技士
工学技士
歯科技工士
製品の規格構成などの策定
営業文書の作製、営業支援
(購入を検討する顧客先に出向き性能・臨床上の利点など高度な説明)
薬事・臨床開発 薬剤師
検査技士
薬事法の専門家として各種申請作業
その他 歯科技工士
義肢装具士
オージオロジスト
 

3 メディカルキャリアの実績紹介

34%が有資格者

メディカルキャリアは医療資格を持つ方に積極的にサポートしてきました。
直近の内定なかで34%が医療資格を有する方となります。

放射線技師は全員が画像診断装置メーカーや放射線治療装置メーカーに就業、装置開発・更新需要の活発のなか 貴重な戦力として活躍しています(アプリケーションとマーケティング)

臨床検査技師は超音波(エコー)のアプリケーションとして活躍。検査技師のもう一つの役務(細菌検査などの体外検査)での仕事は出現率少。

薬剤師も活躍します。薬事法のエキスパートとして申請・臨床開発で実力を発揮している方が多い。

臨床工学技士はフィールドサービス・カスタマーセンターで評価されています。

期待される経歴・人物像は?

経歴:病院勤務して検査などローテーションを巡り、それぞれに平均以上の経験・知識 を持つには10年+必要はと思われます。その時は35歳+。 メーカー各社の先行基準はそこまでの習熟度は必要としていない。より若い方に有利です。

この理由はメーカー側の選考基準が1)装置を習熟している即戦力 2)会社勤務に対して柔軟 性があるーを上げているためです。30歳後半まで、10年を超す病院勤務から、企業勤務に 対応するのは難しいーという判断があるためです。当然人格・人性によりけりです。あくまで 確率としてです。柔軟性\対応力のある方が選考されています。

20歳代で経験3-5年の若手は、臨床経験ではまだ未完成としても、企業での柔軟性はあるとみられます、より確率は高い。

4 Q&A

民間の企業へ転職することのメリット・リスクをまとめました。ここでの医療資格者は診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、薬剤師などです。

メリットとして

1 仕事内容が広がる

新規技術、その臨床応用を開発できる、出張(海外も)がある、いろいろな人と話できるなど
このような変化を望む方に利点で、望まない方には苦痛になります。また仕事のテンポも早い、新技術など早急に体得することが求められます。
病院の検査室で仕事を続けたいという方は企業への転職は無理

2 将来出世する(?)

全員が出世することにはなりません。努力と運で部長、取締役に昇進する可能性はあります。病院と比べると、院長・部長になるには医師でないと不可能。比べると将来性はあります、本人の努力次第です。昇進すればそれだけ待遇がよくなります、しかし仕事も厳しくなる。

3 転職で給与がよくなる??

微妙なところです。病院勤めの方は世間一般からみて決して悪い給与ではありません。女性で30歳代であれば一般より良い ケースが多い。これは夜勤など交代勤務があるので、手当が結構多い為。企業勤務では夜勤、土日出勤は多くはありません。時には、給与が下がるケースもある と覚悟したほうがよい。

リスクは

1 会社は競合の世界、取り残される

いつの間にか取り残されたり古臭いと思われてしまう。競合とは決して同じ資格を持つ同僚とではなく、会社の進歩との競合があります。

新製品を発表し開発も営業も新製品学び向上した、医療資格者は営業などの上を行く理解力で、製品を自在に駆使できないと=>古臭いといわれてしまう。

2 当然異動・転勤あります

企業に転身を考える方はこれらリスクをよく理解し、自身で対策を練れる柔軟性が必要です。その点から若さ(20歳代)は転職でのポイントです。

[ 目次 ] [ 次へ ]